デッサン能力向上のための短期集中講座

集中講座開催の目的

デッサン力は、アニメーションのどの工程にあっても、またどのようなアニメーションを創る上でも必要な基礎力であり、デザイン、企画、マンガなど多くの分野で必要とされる力です。そのデッサン力を養うには、多くの時間を要します。今回開催されるデッサン能力向上集中講座では実験的試みを含め、参加者すべての方々が飛躍的な能力の向上を図るための基礎力を高めることを目的としています。

参加者各自が実体感するデッサン力向上

今回の全講座を通してモデルカリキュラムを示し「何を伸ばし」「何を底上げするのか」「どのように身についたかを認識する」について実体感していただきます。その為に参加対象者を学生、若手アニメーターといたしました。

1.指導者プロフィール
中村泰清
1961年生まれ。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業第16回日本国際美術展/TOKYO BIENNALEで東京都美術館、京都市美術館にて作品展示。米国遊学、帰国後でデザイン会社勤務。現在美術作家活動をしながら、独自のメソッドを開発。クリエイタ―に必要な基礎像協力を教授している。現在デジタルハリウッド大学准教授、東京工業大学文明センター非常勤講師、アニメ・マンガ人材養成産学官連携事業・アニメ分科会委員
2.モデルカリュキュラム実施概要
  1. オリエンテーション・導入
  2. 自画像を描く
  3. 人体(ヌード)を描く
3.開催日時
2013年 12月15日(日)
10:00~17:00
12月20日(金)
17:30~20:30
2014年 1月13日(月)
10:00~17:00
1月17日(金)
17:30~20:30
1月20日(月)
17:30~20:30
1月24日(金)
17:30~20:30
1月27日(月)
17:30~20:30
4.会場予定
日本工学院専門学校蒲田キャンパス
5.募集対象者
  1. 専門学校生
  2. 大学生・大学院生
  3. 若手アニメーター
  4. その他(詳しくは事務局へお問い合わせください)
6.受講者参加にあたって
事前に自画像(自筆)、応募動機(講座に期待する事など)の提出をお願いします。
7.お問い合わせ
アニメ・マンガ人材養成産官学連携事業
アニメ分科会ワークショップ事務局
担当:福井(ふくい)
TEL:090-9684-1016
E-mail: event@amecon.jp